2次被害を防ぐためにも関係者との入念な話し合いは必須

交通事故に遭った際は第三者を交えよう

交通事故に遭うと、誰でも動揺します。例え加害者であっても被害者であっても、動揺して正常な判断が出来ないものです。救急車を呼べばいいのかも、警察を呼べばいいのかも、ましてやその番号すら思い出せなくなるくらいに動揺してしまうのです。
事故に遭った時には、まず被害者であっても加害者であっても、お互いの状態を確認して、周囲に他人がいるようでしたら警察と救急車に電話するようにお願いした方が無難です。お互い混乱しているので、電話番号が思い出せずに対応が遅れてしまうことがあるからです。
また、車両の運転手側は自賠責保険の会社に連絡するでしょうが、徒歩での被害者だった場合には弁護士に相談することをお勧めします。交通事故の場合、車両を運転していた側は自賠責保険会社の担当者が間に入って、色々と交渉をしてくるものですが、徒歩だった場合には全て自分で相手の担当者に対応することになります。
交通事故に遭うと、例え怪我が小さくても後からショックが襲ってきて、精神的に不安定になることも珍しくありません。弁護士の無料相談窓口などもありますので、警察への届け出と併せて弁護士にも相談しておきましょう。見落としがちな手続きなどや、訴訟などについて教えてくれます。
交通事故に遭わないことが一番ですが、遭った際には加害者でも被害者でも、弁護士への相談を念頭に置いて家族で共有しておきましょう。

交通事故にあった時にどのように対応していくか

交通事故は、自分が気を付けていても、事故に巻き込まれる事もあります。自分が起こしてしまった時、または、被害にあった時に落ち着いて対応する事がとても大切です。交通事故にあった時にどうしたらいいでしょうか?まず、車の外の安全を確認して、発火を防ぐ為にエンジンを切り、外に出て下さい。加害者と事故の状況を確認して、救急車が必用ならすぐに呼び、警察へも連絡してください。事故車が動かないようであれば、2次被害を防ぐ為に、ポールや発煙筒をつけて周りに注意をうながします。また、怪我を確認して、救急車が来るまでできる事を事故車より離れた安全なところで行います。
警察や救急車がくれば、きちんと指示に従い、状況を説明して下さい。加害者、被害者の間で話をつけて、終わらせるのではなく、きちんと警察に連絡してください。なんともなくても、後で症状が出る事があるため念のために病院にいって下さい。
その後の話し合いについては、弁護士を交えて進めて下さい。インターネットで調べればたくさん出てきますので、まずは、無料相談でいる処で相談して下さい。きちんとプロにお任せする事が大切です。
弁護士に相談する事で、保険金の額が大幅に変わる事があります。弁護士を選ぶ際には「法律と医学」の両方の知識を持ち合わせている弁護士がいいです。交通事故の弁護、解決実績がある方を探して、まずは相談して下さい。
必ず、役にたつ事でしょう。

有料弁護士を探すには

ユーザーが匿名で弁護士に交通事故の質問や相談ができる無料法律相談サービスもあります。 例えば大阪府では、4451名の弁護士の中から交通事故に強い弁護士を厳選して掲載している交通事故弁護士紹介サイトもあります。 ユーザーが匿名で弁護士に交通事故の質問や相談ができる無料法律相談サービスもあり、交通事故の解決事例や実際に弁護士に相談・依頼した方からいただいた口コミを多数掲載しています。弁護士を比較・検討する際にご活用ください。

新着記事リスト

2018年06月28日
平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナルを更新。
2018年06月28日
交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではないを更新。
2018年06月28日
自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利を更新。
2018年06月28日
弁護士は自己防衛のために雇っておくを更新。

カレンダー

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コンテンツ

平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナル

交通事故にあってしまった時に必要な対処の流れ 仕事からプライベートに至るまで日々の生活の移動に車を利用している人にとって気をつけなくてはいけないのが交通事故です。とはいえ、交通事故は自身が気をつけていても巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そこで今回は万が一事故にあってしまった時の正しい対処法について解説…

詳細はコチラ

交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではない

交通事故はいつ起こるかわからない!焦らないために気をつける事 車社会となった日本では、毎日何件もの交通事故が発生しています。最近では取り締まりも強化されて事故は減ってきてはいるようですがまだまだ撲滅には程遠いようです。 そこで、いざ交通事故にあってしまった場合の対処の仕方やこれはしてはいけない。ということを書い…

詳細はコチラ

自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利

交通事故に遭ったら弁護士に相談を 車や自転車で通行しているときに、ふとした気の緩みから交通事故を起こしてしまうことがあります。絶対に未然に防ぎたいものですが、人間なので完璧ではありません。もし、事故を起こしてしまったら、できる限り落ち着いて対処するように心がけましょう。 まず、救急車と警察を呼びましょう。自分も…

詳細はコチラ

弁護士は自己防衛のために雇っておく

過失ゼロの交通事故!不当な示談交渉にならないために弁護士に相談! 自動車同士の交通事故といっても、互いに過失のあるものから、100%相手側に過失があるといったもらい事故もあります。しかし、このような交通事故の場合、自身で契約する自動車保険会社に相談しても、対応してくれません。その結果、相手の保険会社から不当な示談…

詳細はコチラ