平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナル

交通事故にあってしまった時に必要な対処の流れ

仕事からプライベートに至るまで日々の生活の移動に車を利用している人にとって気をつけなくてはいけないのが交通事故です。とはいえ、交通事故は自身が気をつけていても巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そこで今回は万が一事故にあってしまった時の正しい対処法について解説していきます。
交通事故を起こしてしまった、巻き込まれてしまった場合に最初に行わなければいけないのが負傷者の救護です。車の事故は命に関わることもあるので迅速な対応が必要となるので救急車の手配を行います。もし事故現場が車道の真ん中だった場合は後続の車に知らせることも忘れてはいけません。
救急車の手配が済んだら次は警察への連絡です。日本では被害の状況に関わらず交通事故が起きた場合には警察へ連絡をすることが義務付けられています。これを怠ってしまうと罰則が科せられてしまうので注意が必要です。
警察が訪れたら事故の状況説明を行った後、保険会社への連絡や加害者と被害者の間で慰謝料などの話し合いを行います。この時に当事者だけで話し合う示談交渉を選択してしまうと双方が納得する形で収まらずに話し合いが平行線のまま長引いてしまうことも多いのが実情です。そこでおすすめとなるのが弁護士への依頼です。弁護士に間に入ってもらうことで法律に基づいて正しい判断をしてもらうことができます。そのため、万が一交通事故の時は弁護士に相談することが大切です。

交通事故を起こしてしまったときの大まかな流れについて

交通事故は私たち誰もが遭遇する可能性があります。交通事故にあうと、びっくりして気が動転してしまうでしょう。しかし正しい対処を覚えておけば、落ち着いて対応することができるでしょう。
まず、慌てずに自分や同乗者の身体の安全を確認します。自分が車を運転していて、車が自走できるのであれば、後続車を巻き込まない安全な所に速やかに車を移動させます。周囲の安全を確認しながら速やかに車から降り、相手の状況を確認します。相手も気が動転している可能性がありますので、落ち着かせます。双方安全な所に避難したら、まずは警察に連絡し、事故が起こった場所や目印になる建物、けが人の有無を報告します。
警察への通報が終わったら、けが人がいるようなら救急車を呼びます。緊急通報が終わったら、加入している保険会社に連絡します。警察が到着を安全な所で待ちましょう。どんなに自分が悪くなくても、相手を威嚇するようなことをしてはいけません。
これらは社会人としてのマナーです。当然のことですが、事故を起こした後決して逃げてはいけません。
たとえどんなに小さな事故で誰もけがをしていないように見えても、必ず警察を呼んで適切に処理をしてもらいましょう。最近の自動車保険には、弁護士特約が付帯しているものがあります。弁護士に相談すると後々の話し合いや交渉がスムーズに進むこともありますので、積極的に利用しましょう。

新着記事リスト

2018年06月28日
平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナルを更新。
2018年06月28日
交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではないを更新。
2018年06月28日
自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利を更新。
2018年06月28日
弁護士は自己防衛のために雇っておくを更新。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コンテンツ

平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナル

交通事故にあってしまった時に必要な対処の流れ 仕事からプライベートに至るまで日々の生活の移動に車を利用している人にとって気をつけなくてはいけないのが交通事故です。とはいえ、交通事故は自身が気をつけていても巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そこで今回は万が一事故にあってしまった時の正しい対処法について解説…

詳細はコチラ

交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではない

交通事故はいつ起こるかわからない!焦らないために気をつける事 車社会となった日本では、毎日何件もの交通事故が発生しています。最近では取り締まりも強化されて事故は減ってきてはいるようですがまだまだ撲滅には程遠いようです。 そこで、いざ交通事故にあってしまった場合の対処の仕方やこれはしてはいけない。ということを書い…

詳細はコチラ

自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利

交通事故に遭ったら弁護士に相談を 車や自転車で通行しているときに、ふとした気の緩みから交通事故を起こしてしまうことがあります。絶対に未然に防ぎたいものですが、人間なので完璧ではありません。もし、事故を起こしてしまったら、できる限り落ち着いて対処するように心がけましょう。 まず、救急車と警察を呼びましょう。自分も…

詳細はコチラ

弁護士は自己防衛のために雇っておく

過失ゼロの交通事故!不当な示談交渉にならないために弁護士に相談! 自動車同士の交通事故といっても、互いに過失のあるものから、100%相手側に過失があるといったもらい事故もあります。しかし、このような交通事故の場合、自身で契約する自動車保険会社に相談しても、対応してくれません。その結果、相手の保険会社から不当な示談…

詳細はコチラ