自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利

交通事故に遭ったら弁護士に相談を

車や自転車で通行しているときに、ふとした気の緩みから交通事故を起こしてしまうことがあります。絶対に未然に防ぎたいものですが、人間なので完璧ではありません。もし、事故を起こしてしまったら、できる限り落ち着いて対処するように心がけましょう。
まず、救急車と警察を呼びましょう。自分も相手の方も軽傷だからといって、警察を呼ばないことにしてはいけません。後々トラブルになることもあります。また、相手の方がたとえ軽傷に見えたとしても、内部損傷している可能性もあるので、救急車を呼んだほうがよいでしょう。
自分もむち打ちなどになってしまった場合は、その後、整骨院や接骨院に通うようにします。というのも、後遺症になってしまう可能性があるからです。交通事故に対応しているところを受診しましょう。
交通事故を起こした際は、加害者側も被害者側も納得する形での示談になることもありますが、不当に高額な慰謝料等を請求されることもあります。その場合は、自分で対処しようとせずに、弁護士にお願いするのが安心です。弁護士の方はその道のプロなので、慰謝料相場などを相談することもできます。自分が不利にならないようにするためにも、弁護士に相談するのがおすすめです。

交通事故で過失責任が無い場合は弁護士に依頼

自動車保険に加入していると、交通事故を起こした際には保険会社に損害賠償の示談交渉を代行してもらえます。ところが、どんな場合でも保険会社が代行してくれるとは限りません。
【過失責任が0%】
仮に、交通事故において契約者に何の落ち度がなく、過失責任が無い場合は契約者は単なる被害者であり、当然賠償責任はありません。そうなると、保険会社も損害賠償金を支払う必要がなく、事故とは全く無関係になります。そんな時は保険会社が契約者に代わって加害者と示談交渉をすることができません。
【弁護士法】
実は、法律の中に弁護士法という法律があり、弁護士以外の者が法律事務を行う事が禁じられています。つまり、交通事故と無関係の保険会社が契約者に代わって示談交渉(法律行為)をすることは法律違反になるということです。
【弁護士への依頼】
そうなると、被害者である契約者本人が加害者(保険会社)と交渉することになりますが、損害賠償の素人がプロの保険会社と交渉することはあまりにも負担が重過ぎます。保険会社も商売ですから、できるだけ賠償金を少なくしようとします。そんな時には法律のプロである弁護士に相談することが最善の策となります。弁護士に依頼すれば、適切な補償を確保してもらえます。加害者側の一方的な主張を受け入れないことが、交通事故における最も適切な対処法と言えます。

新着記事リスト

2018年06月28日
平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナルを更新。
2018年06月28日
交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではないを更新。
2018年06月28日
自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利を更新。
2018年06月28日
弁護士は自己防衛のために雇っておくを更新。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コンテンツ

平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナル

交通事故にあってしまった時に必要な対処の流れ 仕事からプライベートに至るまで日々の生活の移動に車を利用している人にとって気をつけなくてはいけないのが交通事故です。とはいえ、交通事故は自身が気をつけていても巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そこで今回は万が一事故にあってしまった時の正しい対処法について解説…

詳細はコチラ

交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではない

交通事故はいつ起こるかわからない!焦らないために気をつける事 車社会となった日本では、毎日何件もの交通事故が発生しています。最近では取り締まりも強化されて事故は減ってきてはいるようですがまだまだ撲滅には程遠いようです。 そこで、いざ交通事故にあってしまった場合の対処の仕方やこれはしてはいけない。ということを書い…

詳細はコチラ

自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利

交通事故に遭ったら弁護士に相談を 車や自転車で通行しているときに、ふとした気の緩みから交通事故を起こしてしまうことがあります。絶対に未然に防ぎたいものですが、人間なので完璧ではありません。もし、事故を起こしてしまったら、できる限り落ち着いて対処するように心がけましょう。 まず、救急車と警察を呼びましょう。自分も…

詳細はコチラ

弁護士は自己防衛のために雇っておく

過失ゼロの交通事故!不当な示談交渉にならないために弁護士に相談! 自動車同士の交通事故といっても、互いに過失のあるものから、100%相手側に過失があるといったもらい事故もあります。しかし、このような交通事故の場合、自身で契約する自動車保険会社に相談しても、対応してくれません。その結果、相手の保険会社から不当な示談…

詳細はコチラ