交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではない

交通事故はいつ起こるかわからない!焦らないために気をつける事

車社会となった日本では、毎日何件もの交通事故が発生しています。最近では取り締まりも強化されて事故は減ってきてはいるようですがまだまだ撲滅には程遠いようです。
そこで、いざ交通事故にあってしまった場合の対処の仕方やこれはしてはいけない。ということを書いて行きたいと思います。
まず、事故にあった際は必ず二次災害の防止として安全の確保をしてください。むやみに道路上でウロウロするのは危険です。
安全の確保ができたら警察を呼びましょう。警察官の方が来る前にお互いの連絡先など交換しておくとスムーズに進むと思います。たた、この時間が要注意です。
事故をして動揺している状況では適切な判断がしづらいからです。被害者の場合は、その場で示談をしてしまってはいけません。少しの打撲だと思ってもあとあと重症化したりしてしまっては本来もらえるはずの治療費などが貰えないということになりかねません。
保険の中にも弁護士に相談出来るような保険もあるのでそちらを活用して、不利にならないように気をつけましょう。もし、訴訟になるような案件でも弁護士がいればなにかと安心ですし、話もスムーズに進むので個人間での示談交渉は出来るだけ避けるべきだと思います。

身近な危険「交通事故」の当事者となってしまったら

もし、交通事故に遭ってしまったら。みなさんは、するべきことをしっかりと行い、対処する準備はできているでしょうか。
交通事故でも、人身事故、物損事故、自転車同士による事故など、種類は様々有りますが、いずれの場合においても警察への通報と傷病者の確認は第一に考えるべきものです。
ではそのあとはどうでしょうか。
当事者間でその後、どのようにして交通事故によるそれぞれの損害を補償するかを話し合わなくてはなりません。
しかし、話し合うにしても、お互いに土台がなければ適正な話し合いはできないでしょう。
当該交通事故の内容や状況を客観的に判断し、見合った範囲内で平和的に解決することをお望みであれば、「弁護士に相談」することをお勧めします。
交通事故により発生した損害の補償内容は話し合いの争点で間違いはありませんが、話し合いの際に発生しがちなさまざまなトラブルにも法に照らした判断をして対策を講じて提示してもらえることから、自動車保険の担当に任せるよりもより幅広く起こり得るトラブルに対応することが可能になります。
「交通事故で弁護士なんて」というふうに思われるかもしれませんが、平常心でいられず、また、普段の自身の生活においてなかなか接する機会の少ない出来事だからこそ、万全の態勢を整える必要があるのではないでしょうか。

新着記事リスト

2018年06月28日
平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナルを更新。
2018年06月28日
交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではないを更新。
2018年06月28日
自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利を更新。
2018年06月28日
弁護士は自己防衛のために雇っておくを更新。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コンテンツ

平行線だった線を結んでくれる法律のプロフェッショナル

交通事故にあってしまった時に必要な対処の流れ 仕事からプライベートに至るまで日々の生活の移動に車を利用している人にとって気をつけなくてはいけないのが交通事故です。とはいえ、交通事故は自身が気をつけていても巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そこで今回は万が一事故にあってしまった時の正しい対処法について解説…

詳細はコチラ

交通事故トラブルを個人で解決するのは良い策ではない

交通事故はいつ起こるかわからない!焦らないために気をつける事 車社会となった日本では、毎日何件もの交通事故が発生しています。最近では取り締まりも強化されて事故は減ってきてはいるようですがまだまだ撲滅には程遠いようです。 そこで、いざ交通事故にあってしまった場合の対処の仕方やこれはしてはいけない。ということを書い…

詳細はコチラ

自分でも法律の知識を仕入れておくと何かと便利

交通事故に遭ったら弁護士に相談を 車や自転車で通行しているときに、ふとした気の緩みから交通事故を起こしてしまうことがあります。絶対に未然に防ぎたいものですが、人間なので完璧ではありません。もし、事故を起こしてしまったら、できる限り落ち着いて対処するように心がけましょう。 まず、救急車と警察を呼びましょう。自分も…

詳細はコチラ

弁護士は自己防衛のために雇っておく

過失ゼロの交通事故!不当な示談交渉にならないために弁護士に相談! 自動車同士の交通事故といっても、互いに過失のあるものから、100%相手側に過失があるといったもらい事故もあります。しかし、このような交通事故の場合、自身で契約する自動車保険会社に相談しても、対応してくれません。その結果、相手の保険会社から不当な示談…

詳細はコチラ